新製品情報

2002年11月19日

次世代標準規格のシリアルATAコントローラボード

および、RAIDコントローラボードを超極小サイズで新発売!!

Dog Bite Design、外付け対応、ブート、ACアダプタ不要など随所にパーフェクトを追求!!

 


SATA-HD150C     SATA-RD150C / 日本語ユーティリティ

 

株式会社システムトークス(東京都中央区 社長 板坂 太郎)は、シリアルATA規格のコントローラボードおよびRAIDコントローラボードを新発売いたします。

 

−製品開発の背景−

パラレルATAは、既に高速化の限界に達しつつあり、現行のパラレルインターフェイスを維持したまま、更なる高速化を計ろうとすると、信号品質を維持するためには大幅な変更が必要になります。

この変更によるコストアップは、本来のメリットである低コスト性を阻害する要因になる為、低コストを維持したまま高速化するシリアルATAが必須となります。

したがって、今後のHDDマーケットはシリアルATAが標準となり、ドライブ各社のロードマップを見ても順次シリアルATAに切り替えていくことが分かります。

 

当社では、このシリアルATAの性能を十分に発揮できるインターフェイスカードが必須と考え、その開発を続けてきました。

 

        コネクタ – チップ間の距離を短くし、信号の安定を図る。

        外付けコネクタを設置する。しかも安定した信号で。

        起動ROMを搭載し、非常時にはスペアHDDからシステムを起動できるようにする。

        小さく、そしてLowProfile PCIにも対応させる。

        外付けHDDのACアダプタを不要にする。

 

このようなテーマを持って開発に取り組んできました。

そして、今回の発売にいたりました。

各々のテーマがどのような形で実現したのか。その辺をじっくりとご覧ください。

 

本製品は、現行のパソコンを高速化できるだけでなく、サーバー市場などで問題視されている、パラレルATAケーブルの長さ制限(45cm)や、フラットケーブルによるエアフローの妨げなどを一気に解決いたします。

シリアルATAのHDDが広く一般に普及するまでの間、暫定的にパラレルATAのHDDを使用したい場合は、別売のシリアル/パラレル変換アダプタ(SATA-TR150)をパラレルHDDに接続すれば使用できます。

これで、現行資産を有効活用しながら、簡単にシリアルATAに移行でき、CPUやビデオカードなどの発熱量の多い部品も快適なエアフローで最大能力が発揮できるようになります。

 

SATA-HD150C SATA-RD150C  

SATA Dog Bite Design™    

 

特許出願済

意匠申請済

 

 

新製品の詳細

 

製品名称:「シリアルATA コントローラボード」          【製品型番:SATA-HD150C】

:「シリアルATA RAIDコントローラボード」     【製品型番:SATA-RD150C】

 

 

特徴

        シリアルATA仕様バージョン1.0では、1.5Gbit/secの帯域幅があり、これは、UltraATA100が、100MB/secであるのに比較して、187.5MB/secに相当し、大幅なスピードアップを実現できます。

 

        ケーブルの長さ制限が、パラレルケーブルに比較して大幅に余裕ができました。
最大1mまで使用できる耐電圧シリアルケーブルの為、ケーブルの引き回しも楽になり、更に、細長い形状をとることで、パソコン内部のエアフローを大幅に改善できます。
サーバーなどで、IDE RAIDの構成をする場合などは、最適です。

 

        PCIバスはもちろんLowProfile PCIにも対応 (ブラケット付属)していますので、PCIバスがあれば、どんなPCでも使用可能です。
さらに、コネクタと基板が独自の構造で、ケーブルをさした状態でもコネクタが飛び出しません。
つまり類似した他社の構造では実際にケーブルをさすとケースカバーが閉められないということです。(SATA Dog Bite Design TM)

 

        内蔵のSATA-HDDのみでなく、外付けにも対応しています。
外付けブートもできますので、SCSIの起動デバイスの様な使用方法が可能です。
外付けコネクタもチップに極めて近く、安定して動作します。

 

        さらに外付けHDDがACアダプタなしで動作できるよう、電源出力コネクタも装備。2.5インチHDDだけでなく3.5インチHDDもACアダプタ不要で、パソコン本体の電源で動作します。

 

        内蔵用I/F接続スペースにゆとりがある特殊形状で、LowProfile使用時もケーブルに負担がかかりません。

 

        RAIDの機能も充実。

 

 

 

仕様 :インターフェイス                   PCI Rev.2.1以降 (LowProfile対応PCI)

        :チャネル・インターフェイス      Total2チャネル、内蔵用I/F×2、外付用I/F×1

        :RAID機能                           RAID 0, 1 (RD150Cのみ)

        :データ転送速度                   最大1.5Gbit/sec (シリアルATA1.0準拠)

        :外形寸法                           122×64mm

        :本体重量                           50g

              :付属品                               SATA65cmケーブル、LowProfile用ブラケット、製品マニュアル・インストレーションCD、保証書

 

対応機種         :DOS/Vパソコン(含NEC PC98-NX)

対応OS          :Windows 98SE, ME, NT4.0, 2000, XP

価格               :SATA-HD150C       OPEN      市場予想売価4,980円

                       SATA-RD150C     OPEN      市場予想売価7,980円

 

 

 

出荷予定:2002年12月10日予定

 

特許出願済意匠登録中

 

 

上記の価格、仕様、その他デザイン等は、製品発表時のものであり、予告なく変更することがあります。

 

 

 

 

 

 

本製品のお問合せは下記の通りです。

株式会社システムトークス                  広報担当:板坂

東京都中央区日本橋浜町3-35-6プライム日本橋4F

TEL03-3639-0167  FAX03-3639-0168               E-mail   itasaka@system-talks.co.jp