VALUE YOU UP!! System TALKS Inc.

 

 

2012年5月11日

新製品

 

 

がれき&地表検査用 放射能汚染測定器を発売

 

40cm幅のセンサーで広範囲を素早く検査可能
わかりやすいBq/kg、Bq/cm2、µSv/h切替表示
従来比20倍
の高精度測定器ながら10万円を切る価格

 

1000

 

 

 

 

型番 JANコード 価格 発売日
GC-T1 4515345141456 OPEN

当面は放射線対策貢献価格 98,000円

2012年7月上旬予定

 

 

”不安”を”見える化”し、がれき受け入れや帰村の判断を支援します。
 

 

株式会社システムトークス(東京都中央区)は、がれきや地表などの放射能汚染測定に最適な高性能測定器「GC-T1」を発売します。

本製品は独自の幅40cmのセンサーで広範囲に渡るがれきや地表、農地、作物などの放射能汚染を、迅速かつ漏れなく測定できます。また、当社従来比20倍の高感度センサーにより、極めて高精度な測定も可能です。

さらに、検査対象に合わせて3種類の測定単位、µSv/h(毎時シーベルト)、Bq/cm2(ベクレル/平方センチメートル)、Bq/kg(ベクレル/キログラム)を切り替えて表示することができるため、難解な数値換算が不要で、一般の方でも様々な基準に適合した検査ができます。

そして、このように極めて高性能な測定器でありながら、がれき処理や帰村の促進と安全確保への貢献として、10万円を切る価格で販売します。
 


■ 40cmワイド&高感度センサーを搭載した超高精度測定器

 

GC-T1の最大の特徴は、独自開発した40cmの超幅広センサーを搭載し、一度に広範囲を検査することができることです。従来の製品のセンサー幅は5cm程度のものが多く、大量のがれきを検査する場合は、一部分だけを抜き取り検査するしかありませんでした。GC-T1は、幅広のモップで掃くように、がれきや地表の汚染箇所をもれなく探ることができます。 (少し浮かせて表面をなぞるように使います)

 

 

本製品は、当社従来比20倍の高感度センサーを搭載し、独自技術のSRMモードにより測定時間を最短1秒と大幅に短縮することで、広大な場所を素早く短時間で検査できます。さらに、汚染箇所が発見された場合は、ボタン一つで詳細測定モードへ切り替え、汚染箇所を精密に測定できます。
このように効率的で信頼性のある検査をおこなうために最適な設計になっています。
 


■ ベクレル/kg 表示にも対応 (µSv/h、Bq/cm2、Bq/kg)

 

放射能についての様々な基準値は、それぞれ数値の単位が異なります。専門的な計算をすれば各単位に換算できるのですが、一般の方には困難であり、情報の分かりにくさの原因の一つになっています。

本製品は、主要な単位である線量当量率(µSv/h、毎時シーベルト)、放射能面密度(Bq/cm2、ベクレル/平方センチメートル)、放射能濃度(Bq/kg、ベクレル/キログラム)の3種類の測定単位を切り替えて表示できる画期的な機能を搭載しました。これにより、専門知識に詳しくない方でも、各基準に沿った測定が可能になり、測定結果の判定が容易になりました。

また、説明書だけでなく画面表示も日本語になっています。
 


■ バックグランド減算、防水、充電式など

 

従来は高価な測定器にのみ搭載されていたバックグランド減算機能や、防水機能、充電式など細部にわたる性能も追求しています。
重さはハンドルを除いた本体部が約200gと超軽量で、長時間使用による負担を軽減しています。
 

 

■貢献価格 10万円以下の超低価格

 

これだけの高性能測定器ですが、価格を10万円以下に抑えて、自治機関、企業、各種団体ごとに複数台を所有され、漏れのない検査体制を作っていただけるようにしました。また個人や市民グループでも利用いただけるような価格設定にしました。

ただし、この価格は復興支援を目的とするもので、がれき処理や、道路・土壌・農地・植物・建物の汚染状況の確認など、今回の原発事故の影響の確認用として国内で使用される場合に限定させていただく、貢献価格です。(原発事故関連以外の用途や海外で使用される場合は通常価格は198,000円での販売です)
 


 

○開発の経緯

 

本製品の開発目的は、「がれき受け入れ」や「帰村・帰町」の促進のための、安全確保の実現です。

 

当社はこれまで福島県で調査活動をおこなっており、ピンポイントの場所で非常に高い放射線量を検出することも経験しております。そして何より、検査しなければいけない土地はあまりにも広大であるということです。

この現地調査を踏まえ、私たちが貢献できる製品開発を検討したところ、このGC-T1にたどり着きました。

本製品を用いて汚染箇所を発見し、それを除去して安全を確認することで、一日も早く帰村・帰町できることを願ってやみません。

 

また、被災地のがれきへの対応については、日本各地で懸念の議論が続いています。受入れをためらう理由は放射能汚染であり、さらに言えばその汚染の有無や程度を確認できないことにあります。

現状では行政側による“がれきの一部の抜取り検査”しかできないことが、住民の不安を払拭できない原因の一つであると考えています。

本製品によって幅広く安全の確認がおこなわれ、住民の安心に結びつき、がれき処理を通じて復興が進むことを願っています。

 



当社は、信頼性の高い放射能測定器を低価格で製造販売しています。

正規の放射線源を所有し、正確な測定器を作る一方、自社設計開発による高機能と高性能の実現、そしてコンピュータ製品で培った量産技術による低コスト製造を得意としています。

 


■仕様

 

検知対象 ガンマ線、ベータ線、X
表示 放射能(Bq/kg)、放射能面密度(Bq/cm2)、線当量率、アラーム設定値
検出器 高感度ガイガー・ミュラー管
測量時間 1秒〜
アラーム設定 カスタム設定
エネルギー応答 50keV1.3MeV(≦±30%
測量範囲 0.001µSv/h
0-9999Bq/cm2
0-9999Bq/kg
電源 充電式、ACアダプター
本体寸法 測定部 約450x55x50mm本体

ハンドル部長さ 約720〜1100mm

本体質量 460g、測定部約230g
付属品 ACアダプター(PSE認証品)、パソコン充電ケーブル、取扱説明書
生産国 日本

※仕様は予定であり、変更になる場合があります。


 

発売は7月上旬予定。限定貢献価格98,000円。

日本国内生産で、月産1,000個を予定しています。
 


弊社では、発売時に優先的に購入できる優先予約を受け付けます。

発売前に案内する購入手続き前までは予約の取り消しが可能です。

http://www.system-talks.co.jp/product/gc/gc-t1/yusenyoyaku.htm


 

問合せ先

プレス関係様 株式会社システムトークス  
TEL
03-3639-0167   E-mail : 
press@system-talks.co.jp

 

高解像度画像はこちら:http://www.system-talks.co.jp/product/gc/gc-t1/gc-t1_main.jpg

エンドユーザー様

販売店様

株式会社システムトークス   コンシューマ営業部
E-mail :  ここをクリック
優先予約はこちら http://www.system-talks.co.jp/product/gc/gc-t1/yusenyoyaku.htm

 

株式会社システムトークス  

東京都中央区日本橋蛎殻町2-10-11 秀和蛎殻町ビル7F

TEL03-3639-0167  FAX03-3639-0168    

 

 

 

 

 

 

 

©  System TALKS Inc.  All rights reserved.  このサイトのすべての内容の無断転載、複製、抜粋を禁じます。